これはわたしの同僚のお話なのですが、お店の集客のために使用しているブログやtwitter、instagramなどのSNSを更新していたら、身バレしてしまって辞めなきゃいけなくなってしまったみたいなんです。

色々とお話しを聞いてみると、熟女デリヘルで稼いだお金で頑張って購入したフルオーダーのバッグが風俗のSNSに写りこんでしまったみたいなんです。

メイクなどはお店用に変えているので問題無かったのですが、このバッグが決め手となって、そこから過去の画像をさかのぼってチェックされたら、色々と適合する写真が出て来てしまって辞めざるをえなくなってしまったみたいなんです。

今回は友達に身バレしたので旦那さんまで話は言っていないので離婚までは行ってはおりませんが、明日は我が身と慎重に行動するようにしました。

 

わたしとその方は同じ新大久保にある熟女デリヘルでトップを争う成績を上げていた、言わばライバルのような存在でした。

月の売り上げなども二人とも100万円を超えていましたし、固定客も多くついていましたが、やはり身バレにはかないませんね。

身バレをした次の日に直ぐに辞めてしまったので引継など出来ない状況だったので、その方のお客さんは急にいなくなって心配していました。

店長からの指導で、実家の両親が病気になって急に帰る事になったと伝えていますが、やはりどこか寂しそうです。

 

身バレするキッカケはフルオーダーしたバッグでしたが、それ以外にも注意しなければいけないポイントがありました。

それはスマートフォンで撮影したSNS用の画像にExif情報が残っていたのです。

このExifが残っているとどのカメラで撮影したのかや、撮影したモバイルの機種名、撮影した日、撮影した場所などが簡単にわかってしまいます。

最近ではスマートフォンのアプリでExif情報が残っている画像は簡単に情報を収集する事ができます。

これによって風俗の公式SNSなどの掲載されていた画像が、その方の生活エリア範囲で撮影した事がバレてしまい、より疑惑を確信へと変えてしまったのです。

 

スマートフォンには、Exif情報を消す設定をする事ができる機種が多いのですが、たまたまその方は設定をし忘れてしまっていたせいで、とんだトラブルに巻き込まれる事になってしまいました。

もちろんこれは一旦でしかなく、色々とプライベートの写真をSNSに投稿している風俗嬢も増えているのです。

きっちりと分別を付けていかないと最悪ストーカーなどの損害を受けてしまう可能性もありますので注意が必要だと思います。